• 埼玉でエコカラットの需要が増えている理由

    埼玉県は東京都心からのアクセスも整備されており、通勤圏にあるとして住宅を建築する人も少なくありません。

    都心と比較すると、土地や建築費も安価になりますので、マンションだけでなく一軒家を建てる人が多いのも特徴です。
    そのような状況下、埼玉県で自宅を建築する人の間で話題となっているのがエコカラットと呼ばれる内装用壁材です。


    天然の粘土鉱物アロフェンなどの微細な孔をもつ原料を高温焼成して製造されますが、最大の特徴は微細な孔で、室内の湿度を調整してくれるというものです。


    具体的には、湿度が高くなるとこの湿気を吸収して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出して潤いを与えるので、肌やのどに優しいと評判です。
    また、私たちの体に悪影響を及ぼすと言われているホルムアルデヒドやトルエンといった揮発性有機化合物を低減させる効果とともに、原料が土のため境負荷軽減に貢献できることも高評価につながっている要因です。



    埼玉県では、近年、エコカラットを取り扱う施工業者が増えており、一部のホームセンターでも販売されていますので、自宅の内壁をエコカラットに交換する人も少なくありません。



    自宅は将来にわたって長く住む空間ですから、ハウスダストの問題を解決するためにも有害物質を可能な限り排除する必要があります。エコカラットはこうした課題の解決に応えることのできる、大変優良な建材であり、今後、ますます需要が増えることが予想されています。